花粉症に効くハーブ

花粉症にハーブを使って症状の軽減を行う事もあるようです。
薬効成分を含んだ植物の総称で、ヨーロッパ圏が本場ですが、今は日本でも盛んに栽培されています。

花粉症になぜハーブが効くかというと、成分によって免疫機能を強めたり、炎症や痒みを抑えるといった効果がある為で、化学的に生成された薬品よりもハーブの自然で穏やかな作用を好む方はたくさんいます。
また、ハーブには香りの良い物が多いのも人気の理由でしょう。

リラックス作用でストレスが解消されたり、お茶にすれば美味しいハーブティーが楽しめることもそのひとつです。
では、花粉症に効くハーブをご紹介します。

良く知られているものにはネトル(セイヨウイラクサ)があります。
ネトルにはアレルギー反応を起こすヒスタミンが含まれるのですが、花粉症では高い効果があるとされます。

ホメオパシー(同種療法)というワクチンのようにアレルゲンを徐々に取ることで症状が起こらないようにする治療法があり、体質改善に適したハーブとして使われています。
他にはエルダーフラワーは鼻水、レモンバームは鼻の粘膜に作用して鼻詰まりを防ぎます。

花粉症対策として、普段のティータイムにハーブを是非試してみませんか。

ページのトップへ戻る